2016年02月12日   ゆり組(5歳児)

 今日は待ちに待ったクッキングの日でした!みんなでカレー作りに挑戦しましたよ。ピーラーや包丁を使って、野菜の皮をむいて切りました。『上手く切れるかなぁ?』『玉ねぎ、目にしみるかなぁ…』と口々に言いながら、慎重に行っていたみんなです。煮込んでいる間は、誰からともなく『おいしくなぁれ』の大合唱でした!お母さんみたいに味見もしてみましたよ!
 いい匂いのカレーが出来上がり、食べてみると、もうおいしくておいしくて、すぐにお皿が空っぽになってしまいました。自分で作る楽しさ、自分たちが作ったものをおいしいと食べてもらえる嬉しさを感じることができたようです!
 今度はお家でも作ってみてくださいね♪



  2016年02月02日   かんな(1歳児)

かんな1歳児は、今年の干支の猿と自分の顔を描きました。
かわいいおさるさんたちあつまれ〜
手先も器用になってきたので、猿の体を毛糸ではり、目と口を画用紙ではりました。
目や鼻や口がどこにあるかわかるようになってきたのですが、紙の上では、なかなか思うように、はれなかったようです。でも、とても可愛いお猿さんが出来ましたよ。

みんなの笑顔 すくすくそだったね
目や鼻や口をシールや紙ではるのとは違って、クレヨンを使ってのびのびと描いてくれました。
なぐり描きのようにも見えますが、その子どもなりのひょうげんが出来ているように思います。

お子さんとゆっくりお話をしながら、ご覧になってくださいね〜!



  2016年02月02日   さくらぐみ(3歳児)

「Dream Come True 〜ゆめがかなう〜」をテーマに作品づくりを進めてきました。
6日(土)まで開催しているのでご家族そろって観に来てもらえると嬉しいです。

 ◎共同製作→ゆめのせかいへようこそ☆
 ◎個人製作→みて!みて!かがやくぼく・わたし
 ◎個人製作→ひとりでおかいものいけるよ!
    
 未来の自分を夢見て楽しんで作りました。細かいものもはさみで上手に切れるようになり一人ひとりこだわりをもって仕上げましたよ。
 染め紙では、色が少しずつにじんでいく様子に感動して友だちと見せ合いっこしながら楽しみました。
 夢への入り口を是非くぐってみてくださいね!

 毎日、なりたい自分を嬉しい顔をして眺めているさくらぐみの子ども達です☆

   



  2016年02月02日   かんな組(0歳児)

 かんな組0歳児は、大きく育った手と足の型をとり、初めてクレヨンも使って作品をつくりました。
保育士と一緒に楽しんで取り組む子、初めてのスタンプの感触に驚く子の姿がありました。みんなそれぞれ、とてもいいお顔の作品に仕上がりましたよ。 



  2016年02月01日   ふじ組(4歳児)

 みんなが楽しみにしていた作品展が始まりました。
ふじ組は、だ・い・す・き・たかおかをテーマに自分たちの住んでいる高岡の街を作りました。

 ◎のりもの(個人)…空き箱を組み合わせてオリジナルの世界で一つの乗り物を作りました。自家用車、スポーツカー、パトカー、トラック、ブルドーザー、飛行機などいろいろ楽しいものが出来ました。空箱に折り紙をはる作業は大変でしたが、根気よく取り組んでいました。

 ◎標識(個人)…いろいろなマークに興味を持っている子どもたちです。図鑑の中から好きなマークを探して描きました。標識の意味も知り、たくさん覚えたようですよ。

 ◎タウンマップ(個人)…こんなお家があったらいいな〜と夢を膨らませて作りました。玄関、窓、ポストなど切りばりして作りました。屋根の模様も素敵になりましたね。窓を開けるとニコニコの笑顔でこどもたちが出迎えてくれます。ぜひ、開けてみて下さい。

 ◎御車山(個人)…将来の夢を御車山に乗せました。花のところもみんなで協力して作りました。みんなの夢が叶うといいですね。

 ◎新幹線かがやき・万葉線アイトラム(共同)
高岡のシンボル、新幹線と万葉線を作りました。紙をはったり、色を塗ったり、模様を描いたり、友だちと協力する姿が見られました。出来上がった時は一つのものを作り上げた達成感を味わえたようです。新幹線、万葉線に乗っている自分も描きました。みんなで楽しくどこへいくのかな。

 作品展を通してまた大きく成長した子どもの姿が見られました。一人ひとりがしっかり自分の考えや思いをもち、ひょうげんできるようになってきました。お子さんといろいろお話をしながら、楽しく見て頂きたいと思います。


[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157]