2023年02月17日   ふじ組(4歳児)

ふじ組のみんなはいつも元気いっぱいです!体を動かす事が大好きで、毎日はつらつと動いて、給食をモリモリ食べ、体が本当にたくましく大きくなってきたように思います。
 ふじ組では最近、転がしドッジボールが大人気で、ほぼ毎日熱戦を楽しんでいますよ。始めの頃は、転がってくるボールをよける事で精いっぱいのみんなでしたが、回を重ねるごとに、積極的にボールをキャッチしに行ったり、狙いを定めて鋭いボールを転がしたりと、メキメキと上達してきました!自分がボールに当たりコートを去った後も、チームを大きな声で応援したり、負けて悔しさを味わっても自分で気持ちを次に切り替えてまた頑張ったりと、心の面でも成長を感じます。毎回チームで相談してチーム名や外野役を決めたりするのも楽しみの一つなようです。
 残り少ないふじ組での生活ですが、いろいろな遊びを通してみんなのつながりを深めていけたらと思います。



  2023年02月06日   さくら組(3歳児)

 2月3日節分の日、みんなで豆まきを楽しみました。先日よりお部屋で鬼の塗り絵をしたり、折り紙で鬼を作ったり、鬼の帽子を作ったりして、鬼週間を楽しみました。そして、自分の中にいるやっつけたい鬼を考えて当日を迎えました。年長さんや年女の先生に豆をまいてもらい鬼になりきって逃げ回る姿は可愛かったです。自分の中の鬼をやっつけてもらい清々しいひょうじょうでしたよ。
 本物?の鬼が登場し、怖くて泣いたり、強張りながらも立ち向かっていったりし、豆をぶつけて鬼退治することが出来ました。これで福の神がやってきたねと嬉しそうでした。
 給食では、恵方巻きを自分たちで作り願い事を思い浮かべながら、恵方にむかって静かに食べていました。きっと今年も良い年になるでしょうね。

 雪が積もった日は、楽しみにしていた雪遊びが出来ました。雪の上を走り回ったり、雪合戦をしたり、滑り台をしたり、雪だるまを作ったり、とても楽しそうでした。初めは1人で遊んでいた子ども達でしたが、回数を重ねるごとに友だちと協力する姿が見られるようになり、成長を感じました。

 また、これからもいろんな経験を通してさくら組の思い出を作っていきたいです。



  2023年02月03日   ゆり組(5歳児)

 今日は節分!!ゆり組みんなで鬼のお面をかぶっていろんなクラスへ行き、豆まきをしました。

鬼に怖がってしまい、泣いてしまう小さい子をがいると、その子の分まで「鬼は外ー!福は内ー!」と大きな声を出して投げてあげる頼もしい姿が見られました。
保育園中の鬼を退治した後は…自分たちの鬼をやっつけましたよ。

みんなのお面は、怒りんぼ鬼、泣き虫鬼、いやだいやだ鬼、いじわる鬼など、自分たちの心の中にいる鬼をイメージして作りました。
鬼がいなくなるまで叫びながら豆をまき続けて楽しんでいた子ども達です。

給食では、恵方巻を作って食べましたよ。今年の方角は「北北西!!」その場所を向いてお願い事をしながら静かに食べている姿がとっても可愛かったですよ。どんな願い事をしたのかな?みんなの願いが叶うといいな☆彡

たくさん楽しめた節分!ゆり組のみんなのおかげで福の神様が春を連れてくると思います。

保育園での行事が一つひとつと終わっていきますね…
みんなの成長する姿をたくさん見れて嬉しく思う反面、みんなと過ごす時間があと少しなんだと考えてると寂しさを感じるこの頃です。
残りの時間も子ども達とたくさん思い出が作れるように!たくさんの成長が見れるように!!!楽しく過ごしていきたいと思います。



  2023年02月03日   かんな組(1歳児)

 今日は節分豆まき!

ゆり組さんからお兄ちゃん達や鬼さんに扮した先生がみんなの心の中の鬼をやっつけに来てくれました。
 
怖くて泣いてしまう子もいましたが、鬼さんが帰ってしまった後はお友達と楽しく豆まき(新聞紙を丸めた物)をして楽しみましたよ。
 
 
そして、久しぶりに全員揃ったので記念撮影もしました。

一人一人のお面を見ていると、いろんな顔があって可愛かったです☆
 お家でも楽しんでみてくださいね。



  2023年02月03日   かんな組(2歳児)

 今日は節分!先日から楽しんで作っていた鬼のお面をつけて豆まきをしました。
 年長さんの鬼と一緒にみんなのお腹の中にいる鬼を「おにはそとー!」と新聞紙の豆をまき退治し合いました。
 ちょっぴり怖い鬼の登場に泣き出す子どもたちでしたが、涙しながらも鬼に立ち向かい、豆を投げる姿も見られ、とても頼もしく感じました☆!
みんなのお腹の中の鬼もきっと逃げ出したことと思います。
 その後も、風船の鬼や的あての鬼に向かって大きな声を出し、力いっぱい豆をまいて楽しみました。

みんなのお家にも鬼さんがやってくるのかな?


[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238]